山根塾奮闘記
小学生から社会人までを相手に日々奮闘する山根塾鬼塾長の苦悩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと終わりました♪

公立高校入試も無事終了いたしました。
受験生2名という超小規模塾ですが(笑)、
2名だからこそ絶対に失敗させることは
できません。だって、一人合格でもう一人は×
な~んて、メッチャ本人惨めじゃない。だから
絶対にそのような事態だけは避けるべく、ワタクシも
受験生と一緒に勉強します。いやっ、受験生の3倍は
勉強します。

「アンタが勉強したって何もなんないじゃん....勉強するのは
受験生の方だろっ!」
と突っ込むあなた!あなたは受験指導の何たるかが理解
できてないかも。

生徒からみて、「あ~、この人も本気で戦ってるんだな~」
みたいな雰囲気を作ってやることは、単に勉強の仕方を
教えること以上に大切だな~.....と思う今日この頃です。


さてさて、今日は前回の話の続きを少々。

俗に言う使役動詞haveは、その意味において「使役一辺倒
ではない」ということ......でしたよね。

で、例文ですが、
1. I have a taxi waiting outside.
は「外でタクシーを待たせてある」ってことでしょ!
A taxi is waiting outside.を感じることは容易。よって
have + O + ~ing の形になっているものと思われます。
2.3.4.は I won't/can't have + O + ~ing で「許さない!」
みたいな意味になるんだな~。won't とか can't が目印です。
よく使われる文ですから、覚えておきましょう。


今日はここまで。じゃまたっ♪





この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。