山根塾奮闘記
小学生から社会人までを相手に日々奮闘する山根塾鬼塾長の苦悩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Have の続編

ちょっと放置すると、復帰するのが億劫になるから、
そろそろ動くことにいたします。新学年も始まったことだし!

え~っと、話題は......そうそう have でした。

以前書いておいた例文から5~8を取り上げます。

5. I'll have him write the letter.
6. Shall I have him drive you home?
7. We had a fire break out late last night.
8. I had a curious thing happen to me this morning.

下線部がすべて原形になっているパターンですが、どれも
5. 彼が書く 
6. 彼が運転する
7. 火事が起こる
8. 変なことが起こる
になってるよね。つまり「能動」ってことだなっ。こんなとき
have は目的語の後ろが「原形」なのか~.....と感じた人はOK
.....もうこれ以上くどい説明はいりません。

ならば9~12はいかに.....
9. He has all his suits made to order.
10. We had our picture taken in front of the temple.
11. You must have this fact impressed on your mind.
12. I have everything prepared for the party.

下線部がすべて過去分詞ですね。
9. スーツが作られる
10.写真が撮られる
11.この事実が心に刻まれる
12.すべてが準備される
.....これでいいでしょ!?これ以上何を語れというの?

ちなみに、おせっかいかもしれませんが、例文の日本語訳は次の通り。

1. タクシーを外で待たせてあります。
2. 一人で東京に行くことは許しません。
3. 彼らをこんなふうに遊ばせておくことは出来ない。
4. お前の年でタバコを吸うのはダメです。
5. 彼に手紙を書いてもらおう。
6. 彼に家まで送らせましょうか。
7. 昨夜遅く火事があった。
8. 今朝変なことが私の身に起こりました。
9. 彼はいつもスーツはオーダーメイドだ。
10. お寺の前で写真を撮ってもらった。
11. このことをしっかりと心に刻んでおきなさい。
12. パーティーの準備はすべてできています。

ではでは、次回から文法問題演習にもどりますからね。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。