山根塾奮闘記
小学生から社会人までを相手に日々奮闘する山根塾鬼塾長の苦悩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


独り言再開

当ブログの唯一の(笑)読者であられました人生の師匠「釣りじいさん」が亡くなられてからというもの、いや、それ以前からかなり長期間ここを放置してしまったな~。ブログを閉鎖する気はぜんぜんないのだけど、あまりに放置期間が長いと、「山根塾営業してるの?」みたいなってはイメージ的によくないよな~・・・もともと大々的に展開している塾ではないのでいいのだけれど、それでもここを通じて当塾に入熟してくださる方も意外と(笑)多いわけでありまして、読者のほとんどいない状況であっても、釣りじいさんのように「ぶつぶつ独り言」のスタンスで、再開してみるか!言いたいことは山ほどあることだし。

さてさて、釣りじい様、あっけない最後でありました。人との別れって、ほんとあっけなく訪れます。特に我々の年になると結構「お別れラッシュ」ですなっ(笑)。ここ5~6年でワタクシの友人2人でしょ、やさしいやさしい祖母1人でしょ、そして釣りじい様だもの。で、あっけないからこそ必ず「ああすればよかった、こうすればよかった」というのはあるよね~。だから、というわけではないけど、最近のお墓参りは気合が入ってます、また死んだ人つながりで、いろいろな人との再会や新たな出会いがあります。死んでいった人の残してくれたものでは、これが一番大きいかな~。一つの死を乗り越えるたびに、そこからまた新たな出会いがある・・・若い頃には思いもしなかった大切なものを、人の死からいただいているような気がする。そういう意味では、変な話、人の死に直面することって、それほど不幸なことではないような気も・・・・ほんとうはいつまでも生きていてくれたら嬉しいんだけどねっ。

これからは、ますます、どんどん、今まで当たり前に存在していたはずの人がいなくなってしまいますよ~。家内を大事にしなきゃ!おやじ、おふくろを大事にしなきゃ、友達を今まで以上に抱きしめなきゃ(笑)・・・ねっ。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。