山根塾奮闘記
小学生から社会人までを相手に日々奮闘する山根塾鬼塾長の苦悩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケ・セラ・セラ

 学生相手の国語の問題を解いているとき、「はっ!」と思い当たることがよくある。最近読んだ「問題文」の中に、森毅の『まちがったっていいじゃないか』というのがある。この人、もともと数学者ですから理論的な文章を書くのかな~と思いきや、結構その文体はユニークでありちょっと読みにくい(笑)。気持ちのおもむくまま書いているところが多々あり、またそれを万人にわかってもらえなくてもぜんぜんいいんじゃない~♪と思っている節もあってりして、そういうところが個人的にはとてもお気に入りだ。ちょっとその一節を引用してみよう。

『いま苦労しておけば、将来に楽が出来る、といったことを言う人がある。ぼくは、この言葉がきらいだ。ずっと苦労して、その計画が達成できて、満足している人間なんて、ぼくはなりたくない。・・・・・もうすべて、計画を成し遂げて、あとは老いと死を迎えるばかり、なんてのにならぬほうがよい。だから、そうして生きているかぎり、計画が達成されたあとは、楽になる、なんて生き方はつまらない。』


 正確に言えば、人間、「自身の綿密な計画の下人生を遂行し、計画の達成を見た後のんびり死を待つ」生き方は、できないようになっているのではなかろうか。


 以前職場をともにしたある高校教師は、「何年経っても楽にならない」とボヤイテおられましたが、それは当たり前のこと・・・・なのですね~。だって、毎年生徒は変わるのですから。おそらく、この先生は、長年単一教科だけを教えるのだから、年数と経験を積みさえすれば、「ベテラン」と呼ばれる年齢になるころにはかなり楽が出来る・・・という「構想」を持っておられたに違いないし、事実それはワタクシ自身にもあった。だから、この先生の言い分はとても共感できるものであったし、また「楽にならない」という実感は、今を一生懸命生きている証拠なのではないだろうか?とも思うのである。


 結局、我々人間の向かう先には必ず「死」が待っている。だから、これから何年後にはこうして・・・ああして・・・という生き方に偏りすぎると逆にそれだけのために「今」という瞬間がかなり犠牲になってしまうのではないだろうか?


 今日たまたま久しぶりにあるDVDを見た。アリー・マクビールというヒロインは常に理想の「愛」を追い求め、いつも玉砕するキャリアウーマンだ。この女の子の生きかたに釘をさすかのごとく、ラストシーンで名曲「ケ・セラ・セラ」が流れる。「釘をさす」というのはちょっと語弊があるかもしれないけど、「アリー!君はもっと途中経過を大切にしなよ!明日のことは誰にもわかんないんだから・・・」と諭しているようで、とても説得力のある選曲だった。あまりにタイムリーな自分の心情とも重ね合わさって、心にグッとくるものが久々にあった。


When I was just a little girl
I asked my mother what will be
Will I be pretty, will I be rich
here's what she said to me

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

When I grew up and fell in love
I asked my sweetheart
What lies ahead
Will we have rainbows day after day
Here's what my sweetheart said

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

Now I have children of my own
Htey asked their mother, what will be
Will I be handdsome, will I be rich
I tell them tenderly

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

Que sera, sera




ケ・セラ・セラ (日本語訳詩)


幼い少女だった頃
私は将来何になるのってママに尋ねた
美しくなる? お金持ちになる?
そうしたらママはこう答えたの

ケ・セラ・セラ
何事もなるようになるのよ
未来のことなど予測できないわ
自然の成り行き次第よ

成長して恋に落ちて
恋人に尋ねた
将来は何が待っているの?
日々虹に恵まれた生活を送るの?
そうしたら恋人はこう答えたの

ケ・セラ・セラ
何事もなるようになるのよ
未来のことなど予測できないわ
自然の成り行き次第よ

今は子どもに恵まれて
子どもたちは自分は将来何になるのって私に尋ねるの
美男子になるの?お金持ちになるの?
だから私は優しく答えるの

ケ・セラ・セラ
何事もなるようになるのよ
未来のことなど予測できないわ
自然の成り行き次第よ

ケ・セラ・セラ


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。