山根塾奮闘記
小学生から社会人までを相手に日々奮闘する山根塾鬼塾長の苦悩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


期待は裏切られる

いい意味でも悪い意味でも、たしかに期待は「裏切られる」ことが多い。

先日高2といっしょにやった英文解釈に次のようなものがあった。

 Our expectations are often deceived. Things which we feared might do us harm turn out to be our advantages, and what we thought would save us proves our ruin.

昔いた高校で、自分の好きな生徒ばかりを「意図的に」ひとつのクラスに集めて自分が担当する先生がいた。当時から「えり好みはしない」と心に決めていた私のところには、いわゆる「こぼれた生徒」が集まる。最初のうちはやはり授業に出向くのが「いや」(笑)。ところが人間ある程度の期間付き合ってみなければわからないもので、一年が終わってみて「はずれくじだった」と感じたことは一度もない。とくにワタクシ個人が努力して熱血教師になってたわけでもなく、むしろごく普通の先生でしたけど、なんだか「いい子」ばかり。

これって、いい意味で裏切られた期待。はたして「えり好み先生」にはこの逆の「裏切られた期待」があったのか?それは定かではないし、どうでもいいことだけど、この英文を読んでいてふと思い出した昔のひとコマ。

その点公立高校の場合(昔いた高校は私立)、いい意味でも悪い意味でも「公平」だ。えり好みが入り込む余地がない。たとえば成績で一クラスを2分したとき、上のクラスと下のクラスを担当するコマ数がどの先生にも均等になるように配慮される。つまり、できる生徒だけ教えて自己陶酔に浸っていることができないシステム(笑)。

できない集団を教えるのはメッチャしんどいのだけど、歯車がいったんかみ合い始めるとオモシロくてたまらなくなるのがむしろ「できないやつら」の方であることが多い。できるクラスはそれはそれで一年平和だから、こっちも好きだけどね。

3年前娘の高校卒業式に出た際、各教室で担任の先生と最後のお別れをする場面で、「このクラス、最初はいやでいやで、はやく一年おわんないかしら・・・なんて思っていたけどね~」と感慨深そうに先生がお話しされてました。本音でしょうね。一年辛抱して付き合ったからこそもてる気持ちってものがありますよね。生徒たちはみな涙ぐんでおりました。とってもいい卒業のひとコマ。

結局、人って、当たり前のことだけど、ちょっとつきあったくらいではよさも悪さも見えてこないもの。教師ならいやでも一年付き合わされるから、しんどいのをなんとか乗り越えた先にあるのははずれくじであろうはずがないではないか。

2年前教室で大暴れしたクラスがある。かれらもいよいよ卒業だ。授業は今年は担当してないけど、廊下ですれ違ったときの彼らの顔の表情が、イイ♪この暴力教師であるワタクシとの立ち話も楽しそう。話をやめるのが名残惜しいくらい。なんでだろうね?お互い自分の心底からのものをぶつけあったからなのだろうか?歯車がかみ合ってなかったようで実はかみ合っていたのかもしれないし、はっきりいってよくはわかりません。ただ、彼らに対するワタクシの気持ち、また彼らのワタクシに向けた気持ち、その双方に心地よいものを感じる今日この頃です。

今日、ある高1の生徒を叱り飛ばした。すると彼は「保健室に行く」(笑)といって教室を出て行った。出際に「お前の行き場は一生保健室なのか?」(彼はいつもココに逃げる子)と言ったが、ロッカーを思いっきり蹴飛ばして出て行った・・・・・はたして彼はワタクシにとって「いい期待はずれ」になってくれるだろうか?楽しみでもある。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。