山根塾奮闘記
小学生から社会人までを相手に日々奮闘する山根塾鬼塾長の苦悩。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英文法日々の演習15

さ~て、GWも明けることですし、平常モードに戻りましょう!
前回の解等とちょっとしたコメントから。

1.(C) contain は「~を含んでいる」という意味ですよね。状態動詞です。
2.(C) live は進行形にできないと思っている人がいるかもしれませんが、「一時的動作」を
表す場合はこのかぎりではありません。
本文は、「生まれ育った家はロンドンだけど、今は一時的に(仕事か何かで)ボストンで
暮らしている。」ってこと。
3.(D)
4.(B) 答え方の Just now. に注意!これは過去形と一緒に使う語句ですよ。
ただし、just はちょっと違います。 He has just come home.
5.(D) 「いつ返してくれるのだろう。」だから、まだ返してくれてないので、未来になる。
同じwhenでも、「~したら」と訳せる場合は、つまりifとほぼ同じ意味で使う場合は、たとえ
未来のことでも現在形を使います。
 I will go shopping with him when he comes back.
(彼が帰宅したら彼と一緒に買い物にでかけます。)
6.(D) remember ~ing は過去のことを思い出すときに使います。よって、it will rain →
it would rain となります。
7.(C) be about to-V~「まさに~しようとしている」
8.(B) this time next year 「来年の今頃」ですから、未来進行形です。
9.(C) 「今はもうだいじょうぶ。」なのだから、「過去に終わった頭痛は今ここにない」状態、
つまり、現在完了。


では、GW明けの目覚ましに一発いきますか~・・・・今日の問題。

1. She ( ) the book once when she was sixteen.
(A) reads (B) has read (C) read (D) has been reading

2. There ( ) no rain here for the past few months. The water shortage
is very serious.
(A) will be (B) is (C) has been (D) will have been

3. He ( ) golf since the day he was promoted to vice president.
(A) hasn’t played (B) played (C) never played (D) often plays

4. I was the last to leave the office. Everybody else ( ) home.
(A) went (B) would go (C) was going (D) had gone

5. He ( ) in Nagano for seven years when his daughter was born.
(A) is living (B) was living
(C) has been living (D) had been living

6. Scarcely ( ) lunch when the doorbell rang.
(A) we had started (B) we did have started
(C) had we started (D) did we have started

7. By the end of this week, we ( ) most of our money.
(A) spent (B) are spending
(C) have spent (D) will have spent

8. Write down his phone number before ( ).
(A) you don’t forget (B) you won’t forget
(C) you forget (D) you’ll forget

9. When you ( ) the magazine, please leave it on the table.
(A) read (B) have read (C) will read (D) will have read

今日も9問です。全部出来てアタリマエ、できなければただの人・・・・自分に厳しく
やりましょうぜい!



スポンサーサイト

英文法日々の演習14

「英文法日々の演習」再開です。
今お仕事をいただいている公立高校にマニアックなブログ読者
がいるようです。「継続は力なり」.....この数少ない読者の
センターテスト高得点のために、がんばりますかね。

いや~、とにかく忙しいです。ただ、この「忙しい」....
あらゆる場面で「言い訳」に使われてしまいます。忙しい中
でのブログ更新こそ、真の更新といえましょう。

さてさて、継続して解けば必ず英文法・語法問題は満点とれる
ようになります。もちろん、間をおいて復習は必要ですけど。

では、今日の問題

1. This box ( ) as many as 50 books.
(A) is containing (B) is contained (C) contains (D) contain

2. His permanent house is in London, but at present he ( ) in Boston.
(A) will live (B) lives (C) is living (D) lived

3. I ( ) the dinner when the telephone rang.
(A) have been making (B) have made
(C) made (D) was making

4. “When ( ) here?” “Just now.”
(A) are you arriving (B) did you arrive
(C) have you arrive (D) were you arriving

5. “Is Bill still using your car?” “Yes, I wonder when he ( ) it.”
(A) has returned (B) returned (C) returns (D) will return

6. I remember hearing on the weather forecast that ( ) rain the following day.
(A) it must be (B) it was going to
(C) it will (D) it would become

7. The mean looking dog was staring at my fifty-dollar beefsteak and ( ).
(A) would devour it (B) had just devour it
(C) was about to devour it (D) went to devour it

8. I ( ) for a trading company in Tokyo this time next year.
(A) have been working (B) will be working
(C) am working (D) will have been working

9. “Do you still have a headache?” “No, ( ). I’m all right now.”
(A) it goes (B) it would go (C) it has gone (D) it had gone


今日は以上の9問です。

健闘を祈る!



Have の続編

ちょっと放置すると、復帰するのが億劫になるから、
そろそろ動くことにいたします。新学年も始まったことだし!

え~っと、話題は......そうそう have でした。

以前書いておいた例文から5~8を取り上げます。

5. I'll have him write the letter.
6. Shall I have him drive you home?
7. We had a fire break out late last night.
8. I had a curious thing happen to me this morning.

下線部がすべて原形になっているパターンですが、どれも
5. 彼が書く 
6. 彼が運転する
7. 火事が起こる
8. 変なことが起こる
になってるよね。つまり「能動」ってことだなっ。こんなとき
have は目的語の後ろが「原形」なのか~.....と感じた人はOK
.....もうこれ以上くどい説明はいりません。

ならば9~12はいかに.....
9. He has all his suits made to order.
10. We had our picture taken in front of the temple.
11. You must have this fact impressed on your mind.
12. I have everything prepared for the party.

下線部がすべて過去分詞ですね。
9. スーツが作られる
10.写真が撮られる
11.この事実が心に刻まれる
12.すべてが準備される
.....これでいいでしょ!?これ以上何を語れというの?

ちなみに、おせっかいかもしれませんが、例文の日本語訳は次の通り。

1. タクシーを外で待たせてあります。
2. 一人で東京に行くことは許しません。
3. 彼らをこんなふうに遊ばせておくことは出来ない。
4. お前の年でタバコを吸うのはダメです。
5. 彼に手紙を書いてもらおう。
6. 彼に家まで送らせましょうか。
7. 昨夜遅く火事があった。
8. 今朝変なことが私の身に起こりました。
9. 彼はいつもスーツはオーダーメイドだ。
10. お寺の前で写真を撮ってもらった。
11. このことをしっかりと心に刻んでおきなさい。
12. パーティーの準備はすべてできています。

ではでは、次回から文法問題演習にもどりますからね。



やっと終わりました♪

公立高校入試も無事終了いたしました。
受験生2名という超小規模塾ですが(笑)、
2名だからこそ絶対に失敗させることは
できません。だって、一人合格でもう一人は×
な~んて、メッチャ本人惨めじゃない。だから
絶対にそのような事態だけは避けるべく、ワタクシも
受験生と一緒に勉強します。いやっ、受験生の3倍は
勉強します。

「アンタが勉強したって何もなんないじゃん....勉強するのは
受験生の方だろっ!」
と突っ込むあなた!あなたは受験指導の何たるかが理解
できてないかも。

生徒からみて、「あ~、この人も本気で戦ってるんだな~」
みたいな雰囲気を作ってやることは、単に勉強の仕方を
教えること以上に大切だな~.....と思う今日この頃です。


さてさて、今日は前回の話の続きを少々。

俗に言う使役動詞haveは、その意味において「使役一辺倒
ではない」ということ......でしたよね。

で、例文ですが、
1. I have a taxi waiting outside.
は「外でタクシーを待たせてある」ってことでしょ!
A taxi is waiting outside.を感じることは容易。よって
have + O + ~ing の形になっているものと思われます。
2.3.4.は I won't/can't have + O + ~ing で「許さない!」
みたいな意味になるんだな~。won't とか can't が目印です。
よく使われる文ですから、覚えておきましょう。


今日はここまで。じゃまたっ♪





have の守備範囲

HAVE なる動詞って、色に例えれば「無色透明」
単なる使役の意味にとどまりません。

今日はちょっとそのあたりを話してみます。前回、
といってもかなり前ですが、ちょっとメモしておいた
例文をもってきます。

あ I had my bike fixed.
い I'll have him call you later.
う I won't have you doing nothing all day.

あ は「自転車を盗まれた」だから、「被害」
い は「彼に後ほど電話させます」だから、「使役」
う は「おまえを一日中ぶらぶらさせておくわけにはいかない」
   だから、「許可」かな~......

まっ、とにかくいろんな意味になります。ある程度「慣れ」が
必要ですが、使用頻度は極めて高いので、ここを無視して.....
というわけにはいかないようです。

問題は、「have + O + C」におけるCの形。
なぜfixedなの?なぜcallなの?なぜdoingなの?というところ
に大いに観察力を発揮していただきたいと思います。

授業中にこの質問を投げかけて生徒に観察させると、
「Oが人だったら原形(い)」「Oがモノだったら過去分詞(あ)」
で.....「~ingになるのは????」となってしまいます。

まっ、ある意味当たっている部分もありますが、この問題の
根本的解決にはなりません。

She had her only son killed in the war.
「彼女は一人息子を戦争で亡くした」
ってのもあり得ますし、「Oが人ならCは原形」という理論は
ここで無残に打ち砕かれてしまいます。

う の I won't have you doing ..... にはある使われ方のクセ
みたいなものがあって、たくさん文章をよんでくるとこの法則?
に気がつきますけど、そんな余裕のない受験生は、やはり、
なんらかの受験参考書なり問題集なり、または学校の授業なり
で、学ぶのが手っ取り早いのであります。

今日は疲れたのでこのへんまで。以下に例文をたくさん載せて
おきますから、自分で考えてみてくださいな。

自分でどれだけ考えて、そして玉砕したか....という経験は
一つの知識を定着させる上で、とっても大切な「過程」です。

1. I have a taxi waiting outside.
2. I won't have you going to Tokyo alone.
3. I can't have them wasting their time in this way.
4. I won't have you smoking at your age.
以上が~ing型

5. I'll have him write the letter.
6. Shall I have him drive you home?
7. We had a fire break out late last night.
8. I had a curious thing happen to me this morning.
以上が原形型

9. He has all his suits made to order.
10. We had our picture taken in front of the temple.
11. You must have this fact impressed on your mind.
12. I have everything prepared for the party.
以上が過去分詞型

日本語になおしてみよう!「使役」一辺倒ではないことに
気がつくはずです。

続きのお話は、公立高校入試が終わってからだなっ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。